持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択され、2030年を期限とした国際目標です。SDGsは地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓い、発展途上国、先進国が共に取り組み、持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されています。


すべての人に健康と福祉を

高性能住宅・ZEH・LCCM住宅で健康維持と長寿命化へ

●SW工法を使った高断熱住宅の提供で温度差の少ない高性能住宅で、家庭内のヒートショックを防ぎ健康を守ります。
●健康寿命の延伸(医療費削減、福祉予算削減、老老介護の軽減)
●高齢化社会への対策(健康な高齢者は、本人と家族、地域のため)
●高齢者が元気でいられる健康寿命の延伸が、医療福祉予算や介護の軽減につながります。


エネルギーをみんなにそしてクリーンに

環境性能に優れた省エネルギー住宅で光熱費を削減し、災害に強い強靭な住宅を実現。

●ZEH住宅、LCCM住宅、省エネ住宅の普及で、消費エネルギーを削減します。
●パッシブな建築計画により、日射取得をコントロール、建物躯体の外通気工法や高効率エネルギー機器の利用で省エネ効果を最大利用します。
●太陽熱を利用した補助暖房(ダイレクトゲイン)・換気システムで空気の質を維持しながら暖房エネルギーを抑えます。
●熱交換式の換気システムで光熱費を抑え、室内空気を健康的で快適な状態に保ちます。
●高断熱高気密の住宅で冷暖房にかかるエネルギーを大幅に削減します。
●蓄電やV2Hの促進


産業と技術革新の基盤をつくろう

低炭素化社会を実現する為に、断熱・省エネ・創エネでZEH・LCCMを実現

●断熱を通して、建築に携わる人の技術・知識・意識の向上に努め、人間力を高め地域社会への貢献を目指しています。
●高性能住宅や省エネ住宅の提案やサポート、各種勉強会で社会に広く知識を普及させます。
●IOTやAIの普及促進のためのモデルハウス建築


住み続けられるまちづくりを

一棟一棟の住宅性能が街全体の安全性を形づくり

●耐震性、耐風性といった自然災害に強い家づくりを、住宅設計性能表示と住宅建設性能評価制度で、安心安全な家づくりを行います。
●SW工法による35年無結露補償の断熱材を使用することにより老朽化を防ぎます。
●徳島SW会などのグループによる地域連携による災害時互助組式を結成し、これからの災害に備えて考えています。
●耐震・断熱性の高い住宅は、地震等災害発生時に倒壊のリスクを下げ資産を守ります。電気やガス等のインフラ停止時も、避難所ではなく自宅でそのまま生活ができます。高性能住宅は避難生活による災害関連死などの二次災害を防ぎます。
●省エネリフォームで住宅の性能を向上させる提案で建物寿命を伸ばします。
●創エネ利用の太陽光発電により自然エネルギーを生活に取り入れます。


つくる責任つかう責任

建築物の長寿命化を目指して、限りある資源を効率よく利用

●長期メンテナンス計画を策定し実行。
●住宅設計性能評価や、住宅設計性能評価システムを利用し、証のある家づくりを行ってまいります。
●省エネリフォームで住宅の性能を向上させることで、古い住宅を壊すことなく長く使う取り組みを行っています。
●壊れることのないパッシブ換気の技術の普及で、快適な暮らしを守り、家の耐久性を向上させます。(ヒートチムニー)


パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs達成に向けた取り組みで、多くの関係者と協力を強化

●地域の工務店、設計事務所との連携を強化し、断熱技術や省エネ技術の普及啓蒙を行います。
●様々な企業・組織の方々とアイディアを持ち寄り、業種を超えたパートナーシップを実現します。