ゼロ・エミッション住宅

国土交通省管の、住宅ゼロエネルギー化推進事業の計算様式による「標準的な住宅の一次エネルギーが概ねゼロになるもの」の基準をもとに、算定いたしました結果によりゼロエネルギー住宅等の表現をいたしております。 標準の一次エネルギーとは、空調・換気・照明・給湯にかかる一次エネルギーであり、調理機器・冷蔵庫・洗濯機(俗に言う白物家電)・テレビ・ラジオ・パソコン等による使用エネルギーは含みません。 また、計算形式に定めた、標準家庭の標準利用によるものであり、住宅の利用の仕方・立地条件・気象状況等により大きく変わるものであります。十分にご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

ゼロエネルギー住宅

オール電化

仕様

3.8KW太陽光発電、ヒートポンプ温水暖房、エコキュート電気温水器、全室LED照明、HEMSシステム搭載、外壁/窯業系サイディング、外皮平均熱貫流率UA値0.57w/㎡k


設定条件

立地条件:徳島県阿波市、家族人数4人、延べ床面積115.09㎡


一般住宅 ゼロエネ住宅
外皮性能 
0.87 0.57
給湯機器  電気温水器 エコキュート電気温水器
契約様式(給湯)  (電化Deナイト)
(電化Deナイト)
暖房機器  電気温水ボイラー
ヒートポンプ電気温水暖房
年間料金  約300,000円 約151,032円
太陽光発電 なし 3.8KW(売電率25%と仮定)
年間発電量  なし 4,731kw
自家使用量  なし 3,549kw×26円=▲年間約92,274円
売電  なし 1,182kw×37円=▲年間約43,734円
合計年間料金  約300,000円
約15,024円 

給湯にかかる費用の諸元

給湯器の熱効率は、(財)ベターリビング「優良住宅部品認定基準」の熱効率を採用しています。エコキュー卜についてはAPF3.0として算出しています。調理器の熱効率は、電気は一般祉団法人日本電機工業会調査の値を、ガスについては資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ」の熱効率の平均値を採用。このため、給湯器・調理器の機種・使用条件などにより料金が異なることがあります。


  エコキュート 電気温水器 都市ガス 灯油負荷
負荷 1,296,000kJ/月
消費率  120kWh/月 400kWh/月 36.1㎥/月  41.0L/月
単位発熱量  3,600kJ/kWh   46,000kJ/㎥ 36,700kJ/L
効率 APF3.6  90%   78% 86%
料金単位
 基本料金
1,188円

電力量料金
11.04円/kWh

マイコン割引
302.4円 
 
 
 基本料金
1,188円

電力量料金
11.04円/kWh

マイコン割引
604.8円 
 

 基本料金
2,150.4円

基準単位料金
190.99円/㎥

  
99.33円/L 

1ヶ月あたりの給湯にかかる費用

コスト比較シミレーション

たとえば、300万円の土地に全額3年固定35年ローン金利0.75%で住宅を建築した場合、一般住宅1,800万円とゼロネルギー住宅2,000万円を光熱費を含めた毎月の支払を比較してみます。
※金利は2014年8月1日現在の阿波銀行の金利を参考にしています。

弊社が昨年より取り組んでおりますZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の受託率の実績報告をさせていただきます。
●平成28年度(2017年)実績報告



◎目標
・ZEH/25% ・NearyZEH/25% 合計/50%
◎実績
・ZEH/20% ・NearyZEH/40%  合計/60%


お陰様で昨年度は目標を達成することができました。
今年度以降の目標は以下の通りです。
・平成29年(2017年)60%
・平成30年(2018年)70%
・平成31年(2019年)80%
・平成32年(2020年)90%
今後もZEHの普及に向け取り組んでいきたいと考えております。